FC2ブログ


memo


名も無き星の子守唄
頭を撫でられるのが好きだった

髪を梳かれるのが好きだった




だって安心できたから

一人じゃないんだって

心地よかったから




そう

たとえ目覚めたときに

一人だとしても




この時だけは

君の存在を

一番近くに感じられたから



小さな子供をあやすように

そっと頭を撫でて



寝ちゃったら

置いていって構わないから……




[名も無き星の子守唄]

(それは君との別れの唄)



title BY⇒ララバイ
2008/05/22 21:03


 + 




---【Login】
copyright © 2005 Powered By FC2 : Arranged by cadet