memo


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--



枯れ葉のように
ひらひら

目の前に落ちた

街路樹の枯葉




道端で

誰の気にも止められる事なく

いつかは土へと帰る




わたしの恋も

こんな風に消えてしまえば良い




一枚 一枚

あなたへの思いを落として

そのまま無に帰って欲しい



焦がれるような痛みも

訳のわからない涙も



全部 ぜんぶ……
スポンサーサイト

* more...

2008/09/29 16:16



蝶々
あなたへの接し方が分かりません



どんな顔をして会えばいいの

どうすれば 普通に話せる?



考えれば 考えるだけ

不自然なわたしになる





あなたという糸に

絡まれてから


一歩も身動きがとれなくなった


わたしは蝶々






この糸から逃れようと

もがけば それだけ


離れられなくなると知りながら

動き続けるわたしは


なんて哀れなんだろう……

* more...

2008/09/28 18:10



鈴虫はもう居ない
彼女を貶めることなんて

ひどく簡単で




少しだけ開けた窓から

入ってくるのは

冷たい風と

五月蝿い 車が通りすぎてくる音





昨日まで 窓の外で鳴いていた

鈴虫はもういない




生活騒音と 呼ばれるものだけが

支配する世界








君の幸せが

僕の幸せだなんて思えるほど

大人になれなくて





子供のように

取り返しの着かないことをしてしまった






都会の雑踏の中見つけた

癒しの旋律はもう居ない






騒音だけが この身に届く



僕は今日も眠れない



 

2008/09/26 21:35



幸せになってね
町に沈む夕陽を

何時も二人 眺めていた




囁かれる言葉は

けして 甘いものではなかったけれど

二人流れる時間が

何よりも大切だった





土手の緑が色づく頃


わたしはもう

あなたの隣には居ないでしょう



どうすることも出来ない力で

引き離される







最後は笑顔で別れたかった


けどやっぱり


欲しいよ……





後世の契りなんて要らないの

ただ今 あなたが欲しい

あなたの側に居たい





そんなこと言って

困らせたくないから


やっぱり 笑顔を作って



最後の言葉は……







幸せに、なってね


(どうか、わたし以外の人と……)

 

2008/09/26 00:16



誰よりも否定し 誰よりも憧れた
愛されることが

恐いのは




永遠の物なんて

存在しないのを知っているから




いつか失う物ならば

最初から突き放して



甘い蜜の味なんて知りたくない……






そうやって

自分で孤独を作り出す








誰よりも

永遠や愛を否定しながら


誰よりも

変わらない愛に憧れる






そんなあたしに

幸せなんて訪れる筈もない……

2008/09/24 23:30



その感情の名を恋とは知らず
何が怖いの?

どうして涙がでるの?



理由なんて

分からなくて……





ただ ただ

そこにあったのは

汚れなき一輪の花




汚れないように

堕ちないように

ガラスケースに入れられて



たった一人で生きてきたから






いきなり現れた君と

変わっていく気持ちに

着いていけなくて




自分が 自分でいられなくなる

そんな感覚




今までの私が消えてしまいそうで


怖かったんだ……







その感情の名を

恋とは知らず……






変わることを

怖がり 拒絶し

君を失い



気付いた時には

もう……



2008/09/23 00:19



臆病者は痛みを嫌う
頑張りたい

けど

頑張れない




それは

傷つく事が怖いから




傷つくぐらいなら

最初から求めない

何もしないで

あなたの中には

何も生まれなくて

あたしの想いだけ 膨らむの





その想いが

大きくなれば それだけ

頑張れなくなる







足踏みだけじゃ

何も変わらないこと知りながら


あたしは今日も

変わらない

きっと ずっと 永遠に……





[臆病者は痛みを嫌う]

(そろそろ、辛い)

2008/09/19 20:31



罪深きは生き永らへ
寂しさを紛らわすだけの


酷く残酷な恋だった




気まぐれを許してとは望まないよ



だって君の泣き顔は消えないし

傷つけた罪だって取り消せない






心の奥底

誰も塞ぐことが出来なかった

大きな穴は無くなって


そこから何かが溢れ出した





その気持ちが何なのかって

気付いた時にはもう遅くて





僕の心が満たされ続けた変わりに

君の心はどんどん穴が空いていっていた



もう、僕の手じゃ

修復できないほどに……

壊れてしまった









寂しさを紛らわすための

酷く 残酷な恋は

音も無く 終わりを告げる




壊れた肢体だけを

置き去りにして……




[罪深きは生き永らへ]
(償うべきは己が罪状か)

2008/09/11 00:34



最期の意味を教えてあげる。
さようならした



過去を清算するように


君の住所も番号もアドレスも

思いでたちも、


全部 全部 棄てたよ





けして思い出して仕舞わぬように……






あなたの面影を


残らず全て


消去したのに



心に残るものは


消せない……








君を想って


涙を流すのは


もう疲れたよ……





[最期の意味を教えてあげる。]

(記憶からも消し去って、)

2008/09/06 00:47



なみだ=強さ
いつからか涙を流せなくなった


泣かないで すごいねって言われたりした



けれどそれは

心が強くなったわけじゃない



誰かに涙を見せられる勇気を

無くしてしまったから



泣かないだけ



心は弱くなった





[なみだ=強さ]
(弱さを受け止めてほしい)

2008/09/04 23:55


 + 




---【Login】
copyright © 2005 Powered By FC2 : Arranged by cadet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。